最新の勤怠システムとは

勤怠管理は、労働者の出勤と退勤の時間を記録することで労働時間の適正化や残業代の支払いなど給与精算を行う上で欠かせないものです。従来の勤怠管理ではタイムカードを使うものが一般的でしたが、ITが進展した2000年代から大幅に進化しています。

勤怠システムの基本は時間の記録ですが、この記録するさいに従来のタイムカードでは確実な本人確認が行えないため不正が起こる可能性があります。
つまり、カードを誰かが代理でタイムレコーダーで記録するといったケースです。

人気なマイナビニュース情報をお届けします。

また従来どおりのタイムカードの場合にはデータを掘り起こす必要があるため効率としては良くありません。

このため、近年の勤怠システムは記録された時刻をコンピューターに集めるといったものが主流となっています。



一方で従来のカードではなくICカードや磁気カードなどを用いたものが主流になっています。

従来のカードにスタンプするものであれば比較的、大きめの台紙が必要になりますが、ICカードや磁気カードなどにすることで省スペース化することが可能です。

また社員証と兼用することで不正行為を防止することができます。

また最新の勤怠システムでは、生体認証を採用しているケースもあります。生体認証では指紋や指静脈などを識別して記録するというものです。



これにより完全に不正を行うことは不可能になります。

またこれら集められたデータをもとに勤務状態の問題点や残業時間超過のアラートなどを設定することができ、適切に労働時間を守らせることが可能になります。